第5話【ステージⅠ】商店街とびこみ営業!の巻

こんにちは~リクトですッ!

早いもので2月も終わり、いよいよ春がやってきますね!
実はいま、京都市内のとある商店街で仮想通貨決済を導入したカフェをスタートしようと着々と準備を進めておりますッ

ご縁がある物件に備え付けられているカフェスペースをお借りして営業できることになりました~(感謝。
学生の資金力では大規模な改装を入れたりなどは到底できず…簡易的な店舗として絶賛整備中でございます笑
詳細は追ってこのサイトからお知らせしますので乞うご期待

さて、件の物件は商店街の一角にあるのですがなかなかにこのご時世、シャッターを下ろしっぱなしの店舗も少なくないのが現状です。
そこでこの商店街に訪れてくれる人が少しでも増えてくれたらいいな…と思ったのも始めたきっかけでもあるわけです。最初はただちょっとそういう経験をしてみるのもいいなぁなんて思っていたのですが、今のボクがただカフェを開いたところで大きな効果が出るとは思えず。それならいっそこの俺仮プロジェクトと合体させて仮想通貨で盛り上げていこうじゃないかと。
ウチで成果が少しでもあげて商店街の皆さんも興味持ってもらい、広めていけたら大きな活力になるかもしれない。そこにすごく可能性を感じたわけです。

とはいえ、昨日今日足を突っ込んだばかりのどど素人のボクにそんなことできるのでしょうか……。

ん?まてよ?

いくらいま話題沸騰中の仮想通貨といっても日常生活レベルで浸透してりるわけでもなく…商店街の皆さんにとっても仮想通貨はまだまだ“未知の領域”。

なるほど、これはチャンスだ!!!

ボクが今の状態からモデルケースを作り上げれば素人でできるっていう証明になるじゃないですかッ!
これはもう、やるしかない。しかも、0(・)の(・)状態(・・)から。

ならまず0の状態から始めたことをお知らせしなきゃ!
そう思って昨日と今日で商店街の顔なじみのお店にご挨拶に伺ってきました。
あわよくば、「おもしろそうやん!一緒にやろうぜぇ」的な展開を期待していなくもなかったのですが、当然ながらそんなわけもなく。「おじさんやらはわからへんけど頑張りや~」的な反応でした。そうですよね…w
ちらっとこんなイメージで導入して広まればいいなと思ってるんですよ~などと内容をお話させていただいたのですが、やっぱり“なじみがない”ということと“それホンマに効果あんの?”ってとこがネックになあっているようでした。
なるほど、そこが問題とわかれば実際にやっていけるってことを証明するまでです!

というわけで今後は一刻も早くお店の形を整えてスタートさせるのが先決
ゴリゴリやってやりますヨ!

まずは明日、さっそくお店をきれいにするのに床をきれいに掃除してワックスがけをしていきたいと思います

完成してオープンしたら、遊びにきてくださいネ

SHIRAISHI Rikuto@俺仮こちらから↓