Yoheiの仮想通貨に使える フリー素材


Yohei です!
コインチェックNEM⦅ネム⦆流出事件もひとまず落ち着いてきました
(2018年1月26日のNEM盗難事件)
3月12日のコインチェック補償から30円代だったXEMは上昇をはじめて50円代になったところで下降、停滞しハジメマシタ
勢いに乗って上がって行きそうなXEMでしたがやっぱり厳しいもんですね
(XEM⦅ゼム⦆?NEMじゃないの?)
一連の報道で【NEM流出】と表現されたため通貨の名称をNEMと勘違いしていましたが盗難された通貨はXEMだったんですね
(じゃ、NEMって何だったの?)
報道で耳にしたNEMとはビットコインの欠点を補うべく開発されたプラットホーム⦅土台の環境⦆のことでNEMを土台に運用される通貨の1つがXEMなのです
(NEMが土台でXEMが通貨なのね)
そんなNEM⦅土台の環境⦆には独自トークンを発行する機能があります
(独自トークンの発行?)
トークンというはコインやチケットのように通貨の代替え品となるもので
発行できる独自トークンは基本的に無価値ですが付加価値が付けば仮想通貨として機能しだすこともあります
(XEMもそのトークンの1つ?)
XEMも体系的⦅ネームスペースNEM、モザイクXEM⦆にトークンと考えられます
(XEMには付加価値があるのですね)
ちなみにブロッチェーンというのは分散型台帳を実現するビットコインの基幹技術として生まれた概念のことで、この概念を元に『仮想の改ざんされない通貨』としてビットコインが誕生しました
(概念がセキュリティになるの?)
この概念が仮想通貨そのものの正確性を保護するもので、サーバー・PC・スマホなどの端末を保護するものではなく先の事件のように盗難にあうリスクはあります
(法廷も仮想も盗難に注意ですね)
NEMの価値が停滞しつつも現状維持を保てているのはおそらくNEM自身のセキュリティに問題のないことに加えて事件後もクリプトマーケットやNEMを支える活動があったことなどNEMファンの支えによるところも大きいかなと思います
(NEMバーとかもあるそうですし)
流出事件からビットコインの次に有名な仮想通貨としてNEMが印象的なものになったのは間違いないかなと思います
(通貨はXEMなのですがヤムナシ)
事件後から、いま取引所ではセキュリティの強化や不正防止策などの取り組みに力を入れているそうです
(対策には万全を期して欲しいですね)


お友達Twitterハジメマシタ!にも紹介お頼みします!

Yohei@俺仮(365_Our Project)


フリー素材×2

(1500×1500)

(1500×500)Twitterヘッダー


1. フリー素材はご自由に使用していただいてもかまいません

  • 使用される場合は 下記のコメントから一言使用のコメントおねがいします
  • その他 使用ルールをお守りください

2. 当サイトのフリー素材は以下の場合はご使用をお断りします。

  • 公序良俗に反する目的での利用
  • 素材のイメージを損なうような利用
  • 素材自体をコンテンツの商品として再配布もしくは販売
  • その他 著作権者が不適切と判断した場合

3. 著作権

  • 当サイトの素材は無料で使用していただいて構いませんが 著作権は放棄しておりません。全ての素材の著作権は当サイト及びYoheiにあります

4. その他

  • 素材を利用することによって発生した全てのトラブルについては一切責任を負いかねます
  • 全ての規約は予告なく改変する場合があります 予めご了承ください

  • 画像への直リンクはご遠慮ください
  • イラスト作品【Free ©️2018 Yohei】に限りフリー素材として画像加工等、ご自由にご使用いただけます。
  • ご使用の際に【©️2018 Yohei】のクレジットを明記していただけると感激です

フリー素材×2

1240×1240を 1500×1500に

サイズ変更しました
1500×1500)素材リンクへ移動
1500×500)素材リンクへ移動

Free©️2018 Yohei